電子タバコおすすめの選び方

国産・日本製と聞くと『品質が高い』、『サポートがしっかりしている』、『安全』という印象をお持ちではないでしょうか?
家電製品を始め、様々な製品で日本製は高い信頼を置かれています。
少し下火になったようですが、中国人が日本に来てブランド品や家電製品を大量購入していく爆買いなどもその信頼の表れかもしれませんね!

では電子タバコに関してはどうでしょう?
電子タバコで日本産・日本製を考える時、2パターン大きく分けられます。

  1. MOD(本体)とアトマイザー
  2. リキッド

このどちらか、もしくは両方を日本製で買い求めたいというようにお考えかと思います。
それぞれを分類しつつ、おすすめをご紹介いたします。

電子タバコの歴史と本体(MOD)の製造

日本で企画され、日本で生産されている電子タバコ本体(MOD)は数が限られています。といいますか、ほぼありません。

それは電子タバコの発祥に起因します。電子タバコは大元は中国人が発明しましたが、その時はまったくもって流行らなかったそうです。その反面、紙巻きのタバコに対する広告の規制など健康面への配慮が早かった欧米などでは、電子タバコへの関心が高かったようです。セレブが電子タバコを利用する姿などをきっかけにVAPE(語源:vaporize(気化する)/vapor(蒸気))としてブームに火が付きました。中国は喫煙大国で電子タバコに目が向かなかったのかもしれません。
日本はどちらかと言うと電子タバコ後進国だとされています。これには様々な要因が考えられますが、日本におけるニコチン入りリキッドの販売が禁止されていることに起因するのではないでしょうか。本題から逸れてしまいますので、ニコチン入りリキッドについてのお話はまたの機会に。

電子タバコのメーカーがどのように発展していったかは不明ですが、電子タバコの初期から製造元は中国が多かったように記憶していますし、現在安価で手に入りやすい製品をたくさん販売しているメーカーも中国メーカーが大多数です。

要は日本製の本体(MOD)は数少ない

電子タバコで流行りの電子制御チップはアメリカ製、組み立ては中国という製品も多く見られれます。
そもそもの人口差もありますが、電子タバコ利用者も欧米などと比較すると少なく、必然的に国産の本体が製造される機会も少なくなります。

お話が若干それてしまいますが家電を例にしてみましょう。日本ブランドの家電でも多くは中国や東南アジアで製造しています。ですが、日本産の製品・家電ブランドには信頼があります。
これはもちろん積み重ねてきた歴史もありますが、日本流の製造管理への信頼感もあるからです。

とある中国の電子タバコ関連の方は、『中国人は中国で買い物をしない』と明言するほど。そんな彼らが決まって購入するのが、日本ブランドの付いた中国などで製造された製品です。中国を始めとしたアジア圏は、世界的な製造工場としての働きをしています。中には高い水準の製品もありますし、そうでないものもあります。日本のスマホのシェア半分くらいのiPhoneも中国で製造されていたはずです。パッケージにはDesigned by Apple in Californiaと記載があります。

iPhoneの製造が中国で気になりますか?

ただ、やはり中国と取引のある業者さん(電子タバコ以外)のお話を聞くと
「発注と違うものが納品された」
「不良品率が10%程度あった」
といった声も聞きます。

何をお伝えしたいかというと、デジタル製品は企画、製造管理が重要だということです。

ということで、電子タバコの本体に関しては純粋な日本製を選択することはかなり難しいのですが、安心の日本ブランドを中心にご紹介!

ちなみにネットを検索すると「コレが日本製の電子タバコ!」と書いてあるサイトを見かけますが、誤解を招く記載をして誘導しているものも散見されます。

おすすめの日本ブランド

一部メカニカルMODという電子制御なしの機種には日本製の製品もありますが、流通量も少ないですし、上級者向けなので割愛します。(BOW MOD by LEON ORIGINAL、66modなどが存在しているようです)
メカニカルとテクニカルMODの違い

メカニカルMODは乱暴に言ってしまえば電子制御の付いていない電子タバコです。
イメージとしては、乾電池に直接繋いだ豆電球です。小学生の頃実験とかで試したアレです。

メカニカルMODはバッテリーとほぼ直接アトマイザーをつなぐため、十分な知識と機器を揃えて楽しむ上級者向けの電子タバコです。
海外などで電子タバコ関連の事故で多いのはメカニカルMODや乱暴なバッテリーの取扱などが大多数です。

一方テクニカルMOD(電子制御付きの電子タバコ本体)にも日本製は存在しています。
私が把握している限りではありますが、アメリカのEvolv社が製造しているDNAという電子タバコ用の制御チップがあるのですが、その制御チップは中国製の大量生産品などにもここ最近は使われて人気を博しています。この制御チップは個人でも購入ができ、この制御チップを使って個人的にテクニカルMODを作っている人などが居ます。
日本製とは言え、職人さんの一点もののような存在ですし、制御チップの質が一緒なので、中身や機能性はEvolv社のDNAチップを使っていればどれも一緒です。

以上から手に入りやすく、純日本製に近い電子タバコは取り扱いが難しい上級者用か、小ロットで作られているのみで、手軽に購入できるものではありません。

もう少し目線を変えてみて、日本ブランドの電子タバコで手に入りやすいものをピックアップしてみたいと思います。

YOKOZUNA MINI STARTER KIT

日本製のアトマイザーとセットのYOKOZUNA MINI STARTER KITは、設計まで日本で行われた日本ブランドと言って差し支えない一品。

本体+アトマイザーに充電器、ユニコーンボトル含め、価格は6000円以下です。
アトマイザーは日本で製造と表記が確認できましたが本体は…。

NOSMOスターターキット

電子タバコの形式としては若干旧式にも感じますが、NOSMOは純日本製とのこと。

NOSMOの製造元であるGoldworks株式会社は大阪府豊中市にあるのですが、豊中商工会議所のインタビューを受けています。

当社の電子タバコは本体のタンク、コイル部分の設計・製造・組立・検品・梱包を国内で行っている「日本製」である為、安定した品質であり、最大6ヶ月のメーカー保証があります。
[中略] 今年の8月より販売を開始した「Nosmo KING」(ノースモキング)は、大阪産業技術研究所と共同開発した「シリコン製リップ」を使用しています。
従来のものと比べ取り外しが可能となり、水洗いができるので衛生的な利用ができます。
豊中商工会議所会員取材コーナー一覧 目下売出し中!!うちの看板商品 日本製次世代型電子タバコ 「Nosmo」(ノースモ)

価格帯は本体、充電器、リキッド1つセットで1万円以上と高めの価格帯です。やはり日本製にするためのコストでしょうか…。
似たような本体(バッテリー)とアトマイザーを海外サイトで見かけるのですが気のせいでしょうか。うーん。全力でおすすめすることは難しいです…。

そもそもの日本製(Made in Japan)って?生産国の定義

製品の原産国については難しい問題がはらんでいます。

例えば中国で仕入れた素材を元に日本で製造した場合は?(これは国産です)
では、中国で仕入れた製品をほとんど手を加えず独自のパッケージに詰め替えただけの商品は??

消費者庁のHPを確認してみました。

 なお、この「商品の原産国に関する不当な表示」でいう「原産国」とは、その商品の内容について実質的な変更をもたらす行為(実質的変更行為)が行われた国をいい、個別の商品の実質的変更行為については、「『商品の原産国に関する不当な表示』の原産国の定義に関する運用細則」で規定されています。
消費者庁:商品の原産国に関する不当な表示

日本製であると銘打つためには「実質的な変更をもたらす行為(実質的変更行為)が行われた国」である必要があるようです。
消費者庁のリンクをたどると、PDFがあり、以下のような例が乗っています。

  1. せんべい:外国産の米を使っていても、焼くのが国内であれば国産
  2. 清涼飲料水:原材料が外国産でも、薄めたり混合が日本であれば国産
  3. 衣服:生地が外国産でも縫製が国内であれば国内であれば国産
  4. 腕時計:ムーブメント(動作機構)の組み立て

※内容は意訳しています。

食料品に関しては結構ゆるいですよね。
何かのニュースで見ましたが、海外さんの野菜ペーストを輸入して日本でブレンドすれば、国産表記ができるとか。
個人的な感覚では国産では無いような気もします(汗)

電子タバコ本体で言えば一番近しいのは最後の腕時計でしょうか。

  1. 制御基板の組み立てから日本で行った:間違いなく日本製
  2. 制御基板といくつかの部品を輸入して日本で組み立て:グレーゾーン(ぎりぎり日本産?)
  3. 制御基板と本体パーツを輸入して日本で組み立て:グレーゾーン(厳密には外国産)
  4. 海外から仕入れた完成品の本体とバッテリー、アトマイザーを組み合わせただけ:外国産

グレーゾーンは判断が分かれそうです。

ただ電子タバコ本体で1と2に該当する製品は非常に少ないです。

国産のリキッド・日本製のリキッド

国産のリキッドは数多くブランドが存在しています。全て並べてしまうとおすすめする意味も無くなってしまうので、日本製かつ安全性の確認を第三者機関などで調査済みのブランドでまとめてみましょう!

  • 有害物質が含まれない
  • ニコチンが含まれていない

これらが事前に検査済みなので安心して購入が可能です。

Frienbr

Frienbr(フレンバー)も同じく国内生産の電子タバコリキッド・本体の企画開発を行っており、公式ページではリキッドの製造ラインも公開するなど、安全面の公開に力を入れていることが伺えます。
原産地証明、ノンニコチンである検査結果、SDS(製品安全データシート)を取得しています。
女性向けの電子タバコリキッドに力を入れています。

Frienbrで人気のリキッドフレーバーMUSCAT(マスカット)

女性にも人気のフレーバー。すっきり爽やか系のリキッドが人気の理由!

BI-SO

株式会社BI-SOは2013年創業の電子タバコリキッド専門のメーカーです。国内の多くの電子タバコショップでも取り扱われており、自社工場による徹底した安全管理が特長!ブランド全品の56種でジエチレングリコールやニコチンが検出されないことを確認済みで、積極的な情報開示と安全性の担保に務めています。(分析試験は一般財団法人 日本分析センターという第三者機関が実施しています)

BI-SOで人気のリキッド

グリーンアップルメンソール、やハイパーメンソールなどが人気ですが、若干のクセがあるとも言われ、好みが分かれるブランドです。
カフェイン入り(ラムコークやレッドブルコークなど)のリキッドもあり、他にはない珍しい特長の製品もあります。

Kamikazeリキッドと姉妹ブランド

カミカゼリキッドの特長はリキッド名の再現度の高さです。
ミルクティーやコーヒーは一度は飲んだことのある午後ティーや缶コーヒーの再現度が非常に高いです。
他にもレッドブルなどもそっくりそのまま電子タバコで楽しむことができます。
吸った瞬間あの製品が思い浮かぶ程のリキッドは、全て国産にこだわり、株式会社BI-SOと同じく、ジエチレングリコールやニコチンが検出されないことを日本分析センターによる検査で確認済みです。

姉妹ブランドsnow freaks

Kamikazeリキッドにはsnowfreaksという姉妹ブランドがあり、こちらも人気!
若干のメンソールが添加されたフレーバーが特徴で、メガマスカットやアロエなどのリキッドが特に人気です。

電子タバコおすすめの選び方